為替相場は日本の株式市場に大きく影響する

s65eeyt 為替が円安となる日には株式市場の日経平均株価が前日よりも上がる事が圧倒的に多いです。円安とは円の価値が下がり、アメリカならばドルの価値が上がるという事です。例えば1ドル100円から102円になった場合、アメリカから1ドルの物を買うとするならば今まで100円で買う事ができた物が、102円を払わなくては買えなくなります。

一方反対にアメリカに1ドルの商品を売る場合には、今まで100円の価値だった物が102円になる事で1ドルにつき2円得をする事になりるので、今までよりも為替の差額だけでも儲けを出す事ができるようになるのです。

日本の企業は、大企業に限らず海外に輸出をしています。この時に為替相場は大きく影響をする事になります。前述の通り為替市場の動向により製品を輸入する時と輸出する時では相反した損益が生まれます。日本の大企業の大半は世界に向けて輸出をしている現状を踏まえると、海外へ輸出をする時には円安になる事で以前よりも大きな利益を生む事ができます。

この事で株式市場の日経平均株価に影響をしている大企業についても同様に利益を生む事ができる為に、為替が円安になる事でその日の株式市場は日経平均株価が上昇することになるのです。また株式市場が為替の動向により影響を受けるのは、株式市場における主要な企業だけではありません。投資家はこのような大企業の株価だけに注目をしているわけではありません。大企業の株価上昇はそれぞれの個別の銘柄だけでなく、株式市場全体の動向に影響をする事になるので、それらの企業の関連銘柄も株価が上昇する事になります。また大企業の株価上昇は日本経済の上昇にも繋がる為、それらに該当をしない企業の株価も日経平均株価の上昇を受けて上昇する事になります。

FXやバイナリーオプション攻略のブログにもよく、書いてあることですが、投資家は株式市場全体の上昇に着目して、様々な銘柄に投資をする事になり多くの利益を得る事ができるのです。

また多くの企業の株が日本の国内で多くの投資家によって買われる事で、それぞれの株式会社は資本金を増加させる事ができる為に、更に市場を拡大する事ができるようになります。株価の上昇は企業の設備投資の資金にも繋がる為に日本の経済活動は活発になり、企業の経営状況も上向きとなります。その為にそれらにの会社で働いている人の給料も上昇し、関連企業や下請け会社も景気が良くなるという事に繋がって行きます。

為替が円安になる事ではこのような良い事がありますが、それならば円高になると良い事がないのかと言えば、前述の通り円高になると輸出企業ではなく輸入をメインとしている企業は大きな利益を生む事ができるようになります。それにより日本の消費者も輸入品を以前よりも安く買う事ができるようになります。円高の影響で給料が多少安くなってしまったとしても輸入品を安く買える事で多少の帳尻合わせが可能となるでしょう。

このように為替市場は日本の企業の経営だけでなく、私達の生活にも影響をする事になりますが、そんな為替の動向を利用した投資もあるのです。「FX」という為替の上昇や下落によって損益が確定する取引があり、少ない証拠金によって取引ができる事が魅力の投資商品なのです。

FX初心者のおすすめとしては、円高よりも円安で取引をすることです。円高と円安のどちらが比較的取引がやり易いかと言えば、円安の方がやり易いと言えるからです。ドルを買いから入る事は取引の基本であり、最も簡単な方法と言えます。