FXについての格言特集

s65d9yt  「いのち金は使うな」

いのち金というのは、生活費のことです。また、生活費の他に必要経費になるようなお金も使ってはいけません。投資というのは、基本的に余剰金で行なうものです。余ったお金で投資を楽しむのが基本的な考えですから、生活に必要となるお金まで投資金として使ってしまうと、精神的な余裕がなくなってしまい、冷静な判断もできなくなりますし、投資に関しても楽しめなくなります。

冷静な判断ができなくなると、負けてしまうかもしれませんので、「いのち金は使うな」というのはそのための格言なのです。FXなどの投資は余剰金で行ってください。これはリスクマネージメントをきっちりやりましょう、ということですね。ですからFX業者を選ぶ際は、 リスク管理に協力的な業者を選ぶ必要があります。その点でもハイローオーストラリアは高いと思います。チェックしてみて下さい。

「三日待って売買」

投資を行っていて、ここは買いだ、ここは売りどきだと思っても、三日間は考えて行動しようという格言です。とは言っても、スピードが求められるこの時代に三日待っていたら、とてもではありませんがチャンスをどんどん逃してしまいますから、この通り守るのではなく、できるだけ慎重にやるべきだという比喩的表現となります。

投資をしていると、感覚的に「良さそうだから買おう」とか「なんか面倒だからもう売っちゃえ」というような考えが出るときがありますが、売り買いをするときには、自分の中で何かの根拠があり、その上で行なう必要があります。

「当たり外れは世の常」

相場というのは生物です。生物なので、当たることもあれば外れることも当然あります。一度勝ったから狂喜し、外れたからひどく落ち込むというわけではなく、トータルで見て成績を考え、投資をしていこうという意味の格言です。

投資をやっていると、全部の取引に勝つのは不可能ということがわかってきます。達人と言われる人であっても負けることはあります。すべてにおいて100%の勝利というのはありません。そんなことはわかっているけど感情はそうもいかないというのはありますが、 そこは投資を行いながら自分自身、精神を修練していくことが必要となりますよね。

文献: 「高低オーストラリア.com」

「一つのカゴに卵を盛らない」

一つのカゴに全部の卵を入れておくと、いざカゴがひっくり返ったりした場合、卵は全部割れてしまいます。それを避けるために、卵を復数のカゴに入れ、一度に損をすることを避けるのです。投資にも同じことが言えます。リスク分散というやつです。一箇所に全財産を投資するのではなく、いろいろなものに分けて投資することが必要だということになります。

「相場にたらればはない」

あなたが「この相場ならあと少しすれば上がるはず…どうしようかな…」と迷ったとします。そこであなたは買わないことを選択しました。

数時間後、その相場は大きく上昇。あなたの予想は外れてしまいましたそこで「あの時、迷わずに買っておけば今頃は儲けていたのに」と思っても、落ち込むことはありません。投資に関しては「もし、あの時~していれば」という「たられば」の考え方をしてはいけません。

結果として、あなたは買わなかったからそれが運命であり、次回にその反省点を活かせばよいのです。なので、相場に関しては「たらればはない」というのは見事な格言と言えるでしょう。 以上のことを踏まえて、FXやバイナリーオプションの意味を理解した上で取引に挑みましょう!