資産を運用するということ

 保持している資産を分割し、異なる複数の投資を行う事を分散投資、またはアセットアロケーションと言います。
こうしたことを行う事により、例えば一点に資金を集中させた投資で損失が出た場合に起きる資産の減少を抑えたり、また、どのような市場経済の状況であっても利益が出るように、複数に分けた投資先を調整するポートフォリオ運用などを行っていく事で、保持している資産をより積極的かつ防御的に調整することができます。

投資の格言の一つに、卵を一つのカゴに持ってはいけない、というものがありますが、この言葉が指し示すとおりに、万が一の事を考えて、資産は複数に分けておくことが有効的であると考えられています。

たとえば、資産にゆとりがあるのであれば、すべてを投資資金として運用するのではなく、一部を投資して、残りを保持しておくようにしたり、通貨取引だけに投資するのではなく、株取引きや債券などにも投資を行ったり、日本国内の投資取り引きだけではなく、海外の投資取引も組み入れてみたりなどを行っておけば、例えば急激な為替相場の変化があった場合には、為替取引の投資を引き揚げてその他の投資で利益を確保できるように動いたり、日本国内が未曽有の自然災害や、国家経済の深刻な問題で国自体が破たんした場合でも、外国の投資取引で資産を運用しておけば、損失を負う事もなく、また、そこから利益を得て生活を組み立てていく事も可能なのです。

こうしたことを行っていくためには、まずはそれぞれの資産の保持、運用について理解をしておく必要があるでしょう。
投資や資産の保持、運用には絶対の方法論はありません。その人の状況やライフスタイルなどにも合わせて、様々なものを使い分けていく事が必要になります。

一番に簡単に行える資産の保持に、現金を自分の手元で保管する方法、いわゆるタンス貯金があります。
こうしたタンス貯金されていると計算される金額は多く、25兆円を超えるのではないかともいわれています。
最も確実な資産な保持方法ですが、盗難や火事、災害などにあった場合やには、これらが無くなってしまうこともあり、また、どこかに仕舞って忘れてしまった、うっかり捨ててしまったというものもよく聞く話であり、その管理は難しいのが現状です。
また、通貨を市場から切り離した状態であるために、物価が上昇していくインフレに対応する手段がなく、現金の価値はどんどんと下がっていくという事も知ってお来ましょう。

また、これ以外の資産の保持方法では、銀行にお金を預けておくもので、普通貯金と定期貯金がこれにあたります。
普通口座の預金であれば、手数料がかかる場合はあるものの、基本的にはその制限はなく、最も一般的な資産保持方法と言えます。
定期口座の預金では、定められている期間のあいだは資産の出し入れをすることができなくなってしまいますが、その分、普通預金よりも高い金利が設定されています。

貯金と非常によく似た投資取引では、外貨貯金というものがあり、これは例えば日本の円をアメリカの米ドルに両替し、米ドルで貯金を行うというものになっています。
国内の通貨である円に設定されている金利は非常に低いため、海外の通貨である外貨で貯金を行っておけば、その高い金利を得ることができるという仕組みになっているのですが、為替相場の変動を受けることや、両替をするするための手数料が高く、時にそれが得た利益を大きく減らすことになる場合もあります。

この外貨貯金に見られる為替相場の変動による為替差損益の発生を、より積極的に利用したものが、外国為替証拠金取引、すなわちFX取引になります。
FX取引では、通貨を両替、つまり相互の売買取引に主を置いているために、外貨貯金よりも短期間で、無料か極めて安い手数料でこれを行えるのが利点になります。
しかしながら、為替相場の変動を的確に読み解いていく力が必要になるため、外貨貯金よりもより積極的な投資取引を行っていくことが条件になります。