シストレをうまく使うにはどのような運用の仕方がよいのか

s65ytjk ストラテジーはFXや、海外FXのバイナリーオプションで利用されています。まずは、じっくり長期的に使い続けることが重要です。ストラテジーというのは、採用されるまでに多くの検証が繰り返され、また実際に為替市場においても投入され、多くの実績を残しているものです。

しかし実際に運用してみると、最初の数回ほどで早くも連続して損失を出してしまい、まったく期待外れの結果となってしまう、といったことも少なくありません。このような場合、すぐに見切りをつけたくもなるでしょう。ですが、ここで焦ってはいけません。ストラテジーというのは、あくまで短期ではなく、長期に渡って運用した場合に初めて結果をもたらすものなのです。

ここで、サイコロにたとえて説明してみましょう。

サイコロを振って、ある特定の目が出る確率は1/6(約16%)です
しかし、実際に振ってみれば分かることですが、6回振ってみたとしてもかならずしもそれぞれの目が1度ずつ出るわけではありません。その逆に、同じ目が3回連続で出る(100%)ということも、そう珍しいことではないでしょう。これは、結局サイコロを振った回数が少ないために起こってしまうことです。1/6という確率はあくまで「1回振ったときにそうなる確率」なのであって、6回振ればかならずそれぞれの目が1回ずつ出るという割合を表しているわけではありません。

しかし一方でその回数を100回、1000回、そして10000回と重ねれば重ねるほど、やがて確率どおりにそれぞれの目が出る割合も全体の1/6に近づいていくようになるのです。ストラテジーも、これとまったく同じ理屈です。何度も何度も取引を重ねていくうちにようやく、その結果が本来の実績へと近づいていくわけです。

したがって、すぐに結果を求めて焦ることなく、長期的にじっくり余裕を持って運用していくことがシストレを活用するさいには重要なポイントとなるわけです。ただし、だからといってずっと同じストラテジーを使い続けていればかならず利益を出せるようになる、というわけでもありません。

なぜなら、ストラテジーにはそれぞれ向いている相場と向いていない相場というものがあるからです。当たり前の話ですが、ずっと動かないという相場など現実には存在しません。相場というものはゆるやかでもつねに変動しているものですし、ときにいきなり大きな変動が起こることもよくあることです。

このような場合、向いていないストラテジーをそのまま使い続けてしまうことは、大きく損失を出してしまう結果ともなりかねないのです。したがって、もし相場が向いていないものに変動したときには、すぐにポートフィリオから外すようにしなければいけません。

とはいえ、その相場がストラテジーに向いているのか向いていないのかを判断することは、実際にはとても難しいことでもあります。

逆をいえば、これをうまく見極められるようになることこそが、シストレをもっとも上手く活用できるポイントになるともいえるでしょう。

そのためには、ストラテジーの状況を定期的にチェックする、ということが必要となります。ストラテジーが向いているときの取引状況をしっかり把握しておかなければ、向いていない相場になったかは分かりようがありません。このようなチェックを、2週間に1度くらいは最低でもしておくようにしましょう。スマートオプションという業者では、エクスパートがトレーダーの相談に乗ってくれます。ストラテジーについても専門家にアドバイスをもらって取引するのも良いでしょう。SmartOptionの評価が高いのは、こういったシステムが充実しているところにあると思います。