投資信託とは

 投資信託は投資初心者にも取り掛かりやすい金融商品の一つです。世界中に散らばる多くの投資家から資金を集め、まとまったお金を専門家であるプロのトレーダーが、国内だけでなく海外の新興国を含めた株や、債権、金、不動産などのあらゆる金融商品に分散して投資する金融商品が、投資信託です。

投資信託が優れているところとは

投資信託を一人で始めようとするのには少々無理があるでしょう。投資の対象は幅広くありますし、選ぶだけでも一苦労、また時間も手間もかかります。そして何より専門的な知識が十分になければ投資で利益を出すことすら難しいものです。そこでプロの投資家が個人投資家を仲介し、取引を代行してくれるというのが投資信託の大きなメリットであり特徴です。投資初心者を始め、本業が忙しい方や普通預金よりももう少し利回りを期待したいという方には投資信託はお勧めです。

また投資はしているけれど、株式だけといったように偏りがちな方にも投資信託は向いています。偏りのある投資をしているとリスクが一点集中してしまうため、分散投資できる投資信託が最適なのです。株やFXは常に為替相場や企業の状態や経済状況に敏感になっていなくてはなりません。情報収集するだけでも大変です。しかし投資信託ならばファンドが取引を始め情報収集、運用もしっかりと管理してくれるため安心です。

投資信託は種類も豊富

投資信託といっても、銀行に預金するような感覚ですから難しいことはありません。申し込みには証券会社や銀行の窓口を利用して行うか、最近ではインターネットから簡単に申し込むこともできます。種類も多くMMF、MRF、ETFやREITなどがあります。自分に合う投資信託はどれか検討しておきましょう。

本職を持っていて決まった収入があるサラリーマンなどの場合、投資によって利益を得た収入は雑収入としてみなされるため確定申告の対象となります。(給与以外の収入20万円以上の場合)ですので、源泉徴収あり特定口座を開いておくと便利です。NISA(非課税口座)にも対応してるので税金の対策のために使うのも良いかもしれません。

投資信託には元本保証なし

元本保証がないということは必ず頭に入れておかなくてはならない注意事項です。しかし元本割れになったことがない商品もありますし、複数のファンドで投資をすることでリスクをうまく分散することもできます。利回りの良い商品だけでなく、利回りの低いものも選択肢に入れておけば、更にリスク分散できるので安心です。